短期利用に最適!単身赴任でマンスリーマンションを選択するメリットとデメリット


単身赴任のマンスリー利用のメリット

仕事の単身赴任など一時的に別の場所で生活をする人に人気となっているのがマンスリーマンションです。単身赴任でマンスリーマンションが選ばれる大きな理由の一つに設備の充実があります。一般的な賃貸物件は収納や台所などの基本設備以外は用意されていないので自分で準備をしなくてはいけません。自分で購入した物は赴任期間の終了で物件を引き払う時に処分もしくは持ち帰ることになります。物件によって若干の違いはありますが、マンスリーマンションの多くはテレビを始めとした生活に必要な設備が備え付けられているのが特徴です。契約を解除して出ていく時もそのままの状態にしておけるので最低限の荷物だけで済みます。

マンスリーマンションのデメリット

マンスリーマンションを利用するに当たって気を付けなくてはいけないのが費用の高さです。マンスリーマンションは一般の賃貸物件に比べると月々の家賃が若干高めに設定されています。設備の充実やセキュリティの高さなどが主な理由ですが、同じ期間の利用で10万円近く差が出ることも珍しくありません。マンスリーマンションは大半の所が契約期間分の料金を最初に一括払いするシステムを取っています。滞在期間が長ければその分最初に支払う費用も大きくなるので注意が必要です。通常の賃貸物件は契約後に自分が暮らしやすいようにインテリアを変更することができます。マンスリーマンションは管理会社が用意している設備を利用する決まりとなっているので変更はできません。人によっては暮らし難さを感じることもあります。

マンスリーマンションは一日単位や月単位で借りられるので、滞在先で自分の都合に合わせて柔軟に利用できます。