将来はプラントで施工管理の仕事がしたい?それなら仕事内容や魅力を知ろう!


プラントの施工管理ってどんな仕事?

一口にプラントといっても、化学や建設あるいは食品や環境など、幅広く多岐にわたります。しかしどのプラントの仕事でも共通して必要になるのが、電気系と機械系の2つ。

まず電気系の分野については、どのプラントでも電力を供給しなければ稼働できないため、そのためのシステム構築が必要不可欠になります。したがって電気系エンジニアの仕事では、プラント内外の送配電系統システムや機械設備の制御システムなど、あらゆる電気系統の施工管理を手がけることになります。

さらにプラントの施工管理の仕事では、機械系の分野も無視できません。プラントは工場である以上、生産ラインをはじめとした様々な機械設備が、プラントの目的ごとに必要になるからです。それを基本設計から施工そして管理まで手掛けるのが、機械系エンジニアの中心的な役割になります。

プラントで施工管理をするエンジニアの魅力とは?

どの業種のプラントであっても、一般的な工場や施設と比べて規模も巨大になる傾向が強く、そこで稼働する設備や機械も多種多様です。そのため施工管理で組まれる予算も、数百億円は当たり前。国家プロジェクトが絡めば、1兆円を超えるケースさえあります。普段から国レベルで産業を動かすようなビッグな仕事を望んでいるなら、この仕事は魅力的に映るはずです。

また海外に活躍の場を求めている方も、同じく魅力的な仕事と言えるでしょう。資源大国や発展途上国など、海外にはプラントを必要とする国や地域がまだまだ沢山あるからです。例えば海外でのプラント受注で実績の豊富な会社に入れば、海外赴任でチャンスが広がるかもしれません。

プラントの施工管理は、原価・工程・品質・安全の管理を行うのが主な仕事です。分野が建設・食品・化学・環境と幅広いので、必要な知識や資格が異なるのが特徴です。